*All archives  *Admin

--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.03.20 (Thu)

物語るように歌えたら 

 
これは歌詞です。
歌詞なんですよ。
ハイ、歌詞なのです。

……三回繰り返したよ! さあ、準備はOK?(^_^





【More・・・】

 







指さす空の果て 世界が目を覚ます

小さい頃 指を伸ばした天井
いつか掌で触れるんだと知っていた
毎日ただ そう生きることを不思議とも思わず
閉ざされた日々に笑っていた

幻のような嘘 
容易く壊されるとも知らないで

気付かない 気付かなかったの
暗闇の中 息を殺していたの
見つめていた 見つめていたの
変わらない道 明日へと続いてる
いつか変わろうとしていたなんて


張りつめた心 貴方が触れて破れた
交わしあう言葉が尽きることはなかった
こんなにも 光は降りそそいでいたとは思わず
踏み出した足が走り出した

いつか目の前から
貴方が永久(とわ)に消え去るとは知らないで

思わない 思わなかったの
追いかける背中 いつまでも一緒だと
見つからない 見つからないの
変わってしまった 何もかもが違うの
なくした世界が回り続けた


気付かない 気付かなかったの
この胸の中 貴方の残した光
思わない 思わなかったの
なくすなんて ありえなかったこと
進み続けて 歩き続けて

教えてくれた空 その下に私は今立っているから

終わりがない 終わりがないの
果てない空 明日へと続くなら
回る世界 溢れる光のもと
希望が先に待っているなら
私は走り続ける
いつか 貴方の笑顔に笑い返したくて
 

テーマ : 自作詩 - ジャンル : 小説・文学

【編集】 |  23:07 |  Novels  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。