*All archives  *Admin

--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.05.31 (Sun)

Notice it Chapter12 

『天元突破グレンラガン』

【More・・・】












         その時     轟音とともに光があふれた。







 すべてをうち破り、破壊する音の響きが耳を覆った。
 崩れて落ちてくる土塊。落ちてくる破片。破片は鏡のようだった湖を乱し、汚し、埋め尽くす。
 視界は白い世界に焼き尽くされた。さながらすべてを塗りつぶすかのようなまぶしさに、目を開いてなどいられない。風が渦巻き、はたはたと服の裾を揺らめかす。砂粒が吹き付けた。
「ロシウ!?」
 あがった声はギミーだったか、ダリーだったか。それとも二人共だったか。
 風にあおられ踏みしめる足下、ロシウは強く目を閉じたまま、しゃにむに小さな手を引き寄せ、両腕でかき抱いた。
「ロシウ様!」
「この子たちを奥へ!」
 それまで人気の無かった坑道に村人たちが飛び出してくる。
 ロシウはまだはっきりと目を開くこともままならず、それが村人の誰かもわからないままに子供たちを託した。しがみつく手を無理矢理自分の身体から引きはがす。
「ロシウ、ロシウ!」
「ロシウ! いやっ!」
 今度はわかる。
 ギミーと、ダリーの少し涙がかった声が瞬く間に遠ざかる。完全に開けない目に、まるで荷物のように抱えられて連れて行かれる二人が映る。一生懸命にロシウに向かって手を伸ばして。
「ロシウ様! あれを! カオガミ様が!」
 カオガミ様?
 誰か知れない声に打たれたように、ロシウは振り返る。目蓋の裏が赤い。
 すがめた目を無理矢理に、ロシウは開いた。
 見えたのはめまいを覚えるほどの光。その中に、カオガミ様の湖の中に、カオガミ様と同じような、けれどずっと巨大なものが突き刺さっていた。
 ロシウはゆっくりと湖に向かって歩き出す。ひとときも目をそらさぬその先で、突き刺さったその顔が奇妙な音をさせて開いた。
 次の瞬間、何かが飛び出してくるのを見た。踏みこんだ水の冷たさも忘れて、ロシウはその人影を見つめ続けた。
 起ころうとしていることの予感に、囚われていきながら。




【編集】 |  10:14 |  Novels  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。